家賃相場や収入の家賃
家賃相場や収入に対する考え方、金額設定等を詳しく解説しております。
スポンサーリンク

トップページ >家賃Q&A > 家賃未払い

家賃未払い

未払い家賃が2か月分あります

未払い1 今年の12月で退去が決まっているのですが、来月の11月、12月分の賃料2か月分を払っていくのが困難で未払いなりそうです。 2か月分 12万6千円×2で25万2千円です。 保証金の50%が償却費となっております。

保証金48万円なので24万円が戻ってくる計算になりますが、差額はもちろん払いますが、その24万円を残り2か月分にあてることはできないのでしょうか? 契約書には未払い家賃等の債務があればこれを差し引いて返還となっています。滞納2ヶ月で解除されるとも書いてあります。ちょうど2か月でどっちにしても退去になるので、どうにかならないのかと思い相談させていただきました。

2 一般的に不動産屋は退去するまでに家賃は支払って下さいとしますが、事前に事情を説明して保証金で何とか相殺して欲しいと伝えてみては如何でしょうか。事前に話をするということはとてもいいことで、滞納してから話すのでは相手に対しても印象はいいので考えてくれると思います。

スポンサーリンク

保証人1 旧大家さんから新大家さんに家主が変更になった際に、未払い家賃・原状復帰の部分が無いにも関わらず、追加変更契約書の敷金を減額されました。 旧大家との契約期間中に当方の経営不振による理由で、家賃の値引きを旧大家にお願いし、それに旧大家が答えてくれ4年間で総額92万円安くしてくれました。

そのお金を理由に新大家が家主変更契約時に敷金を減額し,その契約書に捺印してしまいました。 未払い家賃は一切ありません。家賃値引きの考慮を旧大家お願いしたときに 敷金から差引く内容の話は一切ありませんでした。 大家変更時、6ヶ月ほど前の追加変更契約の話なので、大家側からしてみれば・・・今更何、かもしれません。 最近強く疑問を感じるようになり今色々と調べているところです。

入居時敷金40万円 大家変更での変更契約書の敷金10万円・・・この差額30万円の返還を希望しています。 旧大家と一緒に新大家が顔見せのため訪れた。 その際に建物の劣化等による補修を、もうしないと宣言!その2週間後に新たな契約のため訪れるとの事、その場で新契約の内容を聞こうとすると教えてくれず契約時に話すとの事!非常に不安で不快な精神状態に陥った。

貸す側の強い立場での高圧的な雰囲気を強く感じた。 約2週間後、契約書持参で旦那さんと訪れる2週間前と比べ非常に物腰柔らかい感じの雰囲気、旦那さんは不動産関係の仕事をしているらしく、その場で契約を完了させる事の進め方。 旧大家さんとの話し合いに、家賃の値引き金を敷金から差し引く等の話は一切無かったのに、新契約に来たその場所で、そのような事を即決させ新契約を完了させようとする行動に疑問を感じました。

家賃は2010年より変更、敷金の件は不服ながらも、その場で了承し変更契約書に捺印してしまいました。 大家が変わる事により、敷金が無くなったり減ったりするなんて、法的にありですか?家賃値引きは、長年家賃を1日も遅れる事無く振込み続けた事への旧大家の温情の部分でもあると思います。

旧大家の温情の3年間の割引の家賃を新大家が契約変更時に「未払い家賃」として対処した案件だと感じています。私には一切関係ありません。 意義を申し立てなければ、泣き寝入りのように思いとても心配です。 契約書に判子を押したらおしまいですか???

2 何故、契約書に署名捺印してしまったのでしょうか。 契約時に敷金を値引き家賃から相殺するとの説明はありましたか。特に説明がない場合は支払う必要がないと考えます。

スポンサーリンク

賃貸借重要事項説明書

契約1 地デジ化までの家賃は67,000円で賃貸借重要事項説明書に「賃料には、NHKの受信料を含む」とあり地デジ化になるまでは、テレビ組合にハイツとして加盟し共同アンテナで受信していた。

地デジ化以降はNHKが個人契約となったことから家賃63,000円に変更となったが、家主の息子(実質の管理者)との口約束だけで契約書の変更はなかった。
そして家主が死亡・息子も病に倒れたため上記の経緯を何もわからないまま家主の姉(実質の管理者の伯母)が管理を引き継いだ。

退去後、何の連絡もないことから妻が連絡を入れると「家賃未払いのため返金には応じない」と言われた。(家賃の変更を把握していなかったために発生したと思われる)

家主の通帳には振込記録がある。 不動産賃貸借契約書の中には、「契約時に保証金として10万円を預かりますが、退去時に入居者の故意、過失で傷めたり汚したりした箇所がなければ全額返金いたします。」とある。
仲介業者に対応を依頼するも相手にされず。

2 口約束でも契約は成立することがあるのでそのことを伝えてみては如何でしょうか。 そして電話で言っても駄目な場合は一度文章にして提出する方法もあります。

半分未払いの状態で退去しました

1 立ち会いの日に家賃を半分未払いした状態で退去しました。残りの半分の家賃は10月に支払う約束で、管理会社のノートに自分の名前と住所を書きました。その後は部屋の現状も管理会社の担当の人が交換場所を指摘されずにその時は終わりました。

11月に突然部屋の現状回復の清算が12万円ほどの請求書がきて、管理会社に電話をしたところ、賃貸契約書のとおりにしましたと言われ、私自身も寝耳に水でした。通常の立ち会い日に修理代の箇所は指摘される、べきでしょうし後日になってあそこもここも、直したからと言われ、高額な請求書を送ってこられても、どうすれば良いでしょうか。
2 お話からすると何のために立ちあいをしたのか意味がわからないことになってしまいますね。酷い管理会社ですね。

説明書きが契約書にはありました

1 家賃30万円の契約書でした。未払いが10万円あります。 損耗の修繕等に当てますというだけの説明書きが契約書にはありました。部屋は1ルームしかないので、損耗箇所などは非常に少ないはずです。通常の敷金精算なら30000円程度のはずです。借り主が補償をさせられている範囲が非常に大きく感じますので、礼金に当たるような設定が敷き引きに含まれているのではと思い、退去時に『敷き引き300000の内訳をもう少し詳細を提示して欲しい』と伝えたところ、それっきり日割の家賃の精算もせず、電話一本もなく2ヶ月が過ぎました。

未払いが10万円あることを理由に退出のときのもサインひとつ交わさずに見聞が終わったので、退去後1ヶ月経った時に引き渡し時の様子の覚え書きを郵送していますが、いまだに電話一本ありませんし、前述したように日割り家賃の精算もしてくれていません。 敷き引きに含まれる詳細を再提示してもらう権利はこちらにないのでしょうか?

2敷き引きは難しいかもしれません。お礼金のようなものですね。酷い契約内容ですね。 家賃未払い分については仕方がないと考えます。今回の契約ですと敷金を差し引かれることになります。日割り家賃を何とか返して欲しいものですね。

退去時の家賃未払い

1 来月退去する為契約書を読み返していたところ、特約に「乙は契約時に水廻り清掃料30,000円(別途消費税)を甲に支払うものとする」という記載がありました。段々思い出して来たのですが、契約時にお金がなかった私は「退去時に支払う事もできますよ」という不動産屋の営業さんの言葉に上手く乗せられ「契約時」→「退去時」に手書きで修正して貰っていました。あと、契約時に支払った料金の内訳の中に「消毒料\15,275」と記載がありました。何の消毒なのか分かりませんが、既に支払っています。その代わり家賃は未払いです。 水廻り清掃料と消毒料が別物なのかは分かりませんが、とにかく水廻り清掃料を支払わずに済む方法はないでしょうか?契約時には水廻り清掃料が任意であることは一切伏せられており、無知だった私はまんまと特約に記載させてしまいましたが、 本来は外して欲しいとお願いすれば外せる特約だったと知り、今後どうにか払わずにすむ方法がないかと考えておりました。
2今までの経緯を説明すれば若しかしたら返還してもらえる可能性もあります。若しくは半額程度を返還してもらえる可能性もあります。

1退去時の家賃未払いについてですが通常民法では月途中の退去の場合は日割り計算での精算とありますが、4月6日に管理会社へ退去連絡をした際、「うちは月の前半に退去するなら15日までの分、後半になったら月末までを払ってもらっています」と当然の様に言われました。契約書を目の前にして話していたので、退去時の精算について一切記載がないとお伝えしましたが、「書いてなくてもうちはこうやって来て、今まで出ていった人はみんな払ってくれましたよ?」と。それでも私が食い下がって、「そのような契約を結んでいないので合意できません」と言ったところ、呆れたような態度で「じゃぁ、あなたがこんな事言ってきてるんですけどどうします〜?って大家さんに聴いてみます」と言われ、電話を切ったまま、1週間経過しても音沙汰がありません。

小さな管理会社なので、いつ電話しても同じ中年女性1人しか出ず、法律無視&感情論で話す方なので、法律やガイドラインの話をしても全く痛くも痒くもなさそうな言動をされ、糠に釘という感じでこちらが滅入ってしまいます。今後どう対処したらよいでしょうか。
2賃貸中のことに関しては全て契約書に準じることになるので、家賃未払いに書かれていないことを先方が勝手に決めることはできません。そのことを先方も知っていて話をしてきていると思いますよ。