家賃相場や収入の家賃
家賃相場や収入に対する考え方、金額設定等を詳しく解説しております。
スポンサーリンク

トップページ >家賃相殺

家賃相殺

家賃相殺とは、賃貸住宅に入居する際に敷金や保証金のように預け金がある場合に家賃を滞納した場合等に敷金から差し引いて精算(相殺)して下さいとするものです。

この方法は過去の裁判所の判例でも認められています。
方法としては入居期間中に家賃を相殺することはできませんが、退去したら相殺はできます。とても分かりづらいかもしれませんが、つまり退去後でなければいけないということですし、大家さん側もそのような精算方法でお願いしますと主張してくるかたが多いです。

仮に退去後、家賃を滞納している2ヶ月分の家賃は敷金から相殺して下さいと伝えた場合に貸主側はこれを拒否することはできません。

スポンサーリンク

一般的な不動産屋さんは滞納家賃がある場合は、これを先ず納付させ預けている敷金と合算し、預け金を多く見せてここから必要以上の補修費を請求し、借主への返還金がかなり減る精算方法を実施したがります。

手順としては家賃は先ず別に返してもらい補修費は敷金から精算してもらうという方法がいいでしょう。

基本的には契約期間内に退去しなければいけません。家賃最終発生日はいつになりますか、期間内であえば借主都合で何とでもなるとおもいますが、契約が切れた場合はあまりお願いが通用しない場合もあります。

家賃敷金相殺

業者1 家賃を1ヵ月分滞納しているのですが敷金から相殺して欲しいのですが可能でしょうか。
2 家賃をまだ支払っていないのであれば払わなければいけないと思いますので、敷金から相殺して下さいと貸主側に伝えてみて下さい。仮に駄目だと言われたら家賃は現金で支払い、敷金を何かに使われる可能性がありますので、先ずはどのように精算するか確認して下さい。

スポンサーリンク

最悪の場合、内容証明・小額訴訟も検討しています

払う1 先方の大家さん不動産屋とは、現在電話で家賃も含めて相殺できないかという交渉を3〜4回ほどしており内容が複雑で進展しないというのが現状です。 私の不満としては下記になります。 修繕費用や修繕内容の詳細な明細を送付すること、 修繕箇所の写真を撮らせてほしいこと、 修繕箇所に経年劣化を考慮しないことに納得いかないこと、 ハウスクリーニングの特約契約について契約時の説明が不十分で納得いかないこと、 以上を担当者に伝えたところ上司と相談の上、週末(金曜夕方もしくは土曜夕方頃に)回答がある予定です。

洗面台はイナックス(リクシル)製で、メーカーに問い合わせたところ、当該状況の修繕費は工賃・出張費含め1万数千円から高くても2万5千円とのことでそれを先方に前前回の電話で担当者に伝えたところ、昨日の電話で3万円のところ5千円引いた額での妥結を提示してきました。 それがこちらとしてはかえって「こちらの根拠ある言い値では簡単に引いたりするんだ。では本当にかかる修繕費はいくらなのか詳細はどうなっているのか」との思いが強くなり最悪の場合、内容証明・小額訴訟も検討し始めていますので明細を送るよう伝えました。

担当者はかなりしぶった様子で上司に相談しないと今は即答できないとのことでした。次回の回答で、納得いく回答がない場合は、内容証明を送りたいと考えております。 多分次回の回答でも、あまり進展は期待できないと思われますが、内容証明作成をする場合に先方にあらかじめ確認しておかなければいけないことや注意点などあればご教示ください。
2 やはり適正金額での請求にして欲しいということと、本当に支払わなければいけない金額のみの支払いをするというスタンスを見せるのがいいかもしれません。補修費と家賃は別になりますが、なるでく相殺できるように話を進めていくのがいいかもしれませんね。