家賃相場や収入の家賃
家賃相場や収入に対する考え方、金額設定等を詳しく解説しております。
スポンサーリンク

トップページ >家賃滞納 >家賃滞納で訴訟になる場合の準備と心構え

家賃滞納で訴訟になる場合の準備と心構え

家賃滞納で訴訟になる場合1 家賃滞納にまつわる事で悩んでます。
入居してすぐ、勤務先が倒産したり、体調を崩したりで、当初より家賃は遅れがちでした。 今回、家賃を3ヶ月滞納してしまい、つい先日、家主を原告として当方が被告となり、正式に訴訟を起こされてしまいました。確かに家賃滞納をした私が悪いのは、重々分かっているのですが。 そこで質問なのですが。

今まで賃貸保証会社から散々な嫌がらせ行為を受け続けたのです。訴状の中には一切、保証会社に関する記述は有りません。それを訴訟で訴えても無意味でしょうか? 例 夜間の取り立て。 呼び鈴を20分近く押し続ける。 手紙をドアに貼り付ける。 実家へ電話し滞納を話し、荷物を出すから親なら立ち会えと脅された。 大きな声で氏を呼ぷ。 ドアを蹴り、ノブをガチャガチャと引っ張る。 などです。
2 迷惑行為として訴えることもできると考えます。

1訴状に同封してあった、 甲2号証の1として賃貸契約書のコピーがあります。 それを私の契約書と照らし合わせてみたら、 今更ですが契約期間の間違いがあったのです。 原告側の契約書は仲介会社の訂正印を押し、勝手に正しい日付けに書き変えられてます。 この行為は正当なのでしょうか?
2 はい、訴訟になっても問題ないと考えます。

1 賃貸保証会社ですが更新が切れた、昨年末より更新してません。契約が切れてから4ヶ月半経過しましたが、今でも3日に一度のペースで訪問されて手紙を貼っていきます。訴状が届いてからも変わりません。契約が切れていても、この行為は仕方がないのでしょうか?2重取りをされてるようにも感じてます。
2 契約を継続していないのであれば問題のある行為かもしれませんね。